自分に合った化粧水とは - 化粧水の正しい使い方をマスターして美肌をゲット

自分に合った化粧水とは

スキンケアの流れとして、洗顔をしたら化粧水をつけて、クリームや乳液を塗るという人が多いです。



美容液やクリームにはお金をかけても、化粧水はなんとなく選んでしまったり、脇役のように感じている人も多いでしょう。
しかし、洗顔後の乾燥しやすいお肌につける化粧水は、スキンケアをする上でとても重要な役割を持っています。

お肌にうるおいを届けるというのはもちろんですが、うるおいだけでなく、水溶性の成分も一緒にお肌に届けているからです。
乾燥肌の人は、保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。ヒアルロン酸など保湿成分が入っているものを選び、とろみ成分が入っているものも効果的です。

ニキビに悩む人は、さっぱりとした使用感を好む傾向があります。

最新の化粧水の比較に関するサポートサイトはここです。

確かに、ニキビにはオイルが入っていないものの方がお肌には効果的です。
さっぱりとした感覚を出すために、アルコールが入っているものがあり、お肌への刺激になってしまうことがあるので注意しましょう。

敏感肌もアルコールが入っているものは避けて、化粧水をつける際にも擦らないように気を付けましょう。



化粧水をつける時には、コットンを使うのか、手のままでいいのかと悩んでしまう人もいますが、どちらでも構いません。
自分が使いやすい方法でいいですが、ニキビの炎症が強いときは、コットンで擦る刺激で悪化してしまうことがあるので辞めましょう。手でやさしく顔を包み込むようにすると、成分がお肌に浸透しやすくなります。